【卒業式で着崩れない】金賞着付け師が教える、袴の着せ付け方<意外と簡単!>

【出張着付け】くらしのマーケットの人気店がノウハウを解説します! 今回は、くらしのマーケットアワード2022で全国7万店舗の中から金賞を受賞した出張着付け師、うさぎやの外岡さんに卒業式に欠かせない袴の着せ付け方を教えていただきました。人気YouTubeの「文字起こし版」です。

くらしのマーケット人気店 講師の紹介
うさぎや 外岡さん

──動画はこちら──

目次

袴の着付けのポイント
長襦袢を着付ける
着物を着付ける
袴の長さを測る
半幅帯を締める
袴を着付ける
出張着付けのメリット

袴の着付けのポイント

コタキ
うさぎやさんは、くらしのマーケットアワード2022で金賞を受賞された出張着付けの人気店です。今日は袴の着付けの解説をしていただきます。
袴というと、卒業式で着るのがメインかなと思うのですが、着付けのポイントはありますか?

外岡
袴の下から着物が見えてはいけないので、着物を少し短めに着付けていきます。それに合わせて、着物の下に着ている長襦袢も短くします。膝が隠れる、膝の下ぐらいのところで、裾よけを着けてもらっていいと思います。その上に、見えないように長襦袢が、もう少し長めにきて、着物がさらに長めにきて、最後に、袴を一番下まで長く着ます。

コタキ
お腹周りの補正で違うところはありますか?

外岡
振袖の時は、形がまっすぐになるようにシワがなく着れるようにたくさんタオルを入れるんですけど、袴の時は前(ウエスト)に1枚とお尻に1枚、帯が落ちないように入れる程度です。私は大体2枚で済ませています。

袴の着付けは長襦袢の長さがポイント

長襦袢を着付ける

外岡
衿合わせは、少しだけ喉のくぼみから下が開いてると思うんですけど、振袖のように目一杯に閉めるのではなくて少し、縦のVになるぐらいがちょうどいいかなと思います。胸紐までは一緒です。その後に、丈を上げていくんですけど、一旦、長襦袢を開いて、後ろから上げていきます。初めてお着付けをするお母さんとかは、難しいと思うのでお嬢様に「ちょっとここ押さえておいて」って言って持ってもらったりしながら、長襦袢の丈を短くします。私は下から上に上げています。
紐の位置はあまり下過ぎないところでとりあえず上がっていればいいです。膝が隠れて、ふくらはぎのあたりまであればいいかなと思います。整えてから一回伊達締めをします。一回結んで、交差する感じですね。これで長襦袢ができました。

振袖の着付けに必要なもの

袴の長さを測る

外岡
次に袴を履いていただくんですけど、まずこの袴の長さを測らなくちゃいけません。お草履だったらくるぶしまでくる辺り、ブーツだったら、もっと短くても可愛らしいと思います。ちょっと一歩下がっていただいて、この中に入ってください。大体の位置が測れたと思うので、その位置に、浴衣の時に使う
半幅帯を締めていきます。

コタキ
右と左の合わせ方、どうやったら綺麗にできるか気になります。

外岡
一回、思い切って上げますよね。普通のお着物だったら床すれすれに付くまで下げるんだけど袴の場合は長襦袢が隠れる位置で一回止めます。着物が身体に一生懸命くっつくように少し引っ張って、柄が真ん中にくるかどうかを確認します。反対の手はちょっと引っ張っておく感じです、お尻に着物がしっかりついてる感じがありますか?引っ張りながら入れていく。そいて、上前をかぶせます。ここでプカプカしちゃうと、落ちてきたり、ダボダボします。しっかり身体につけて長襦袢が隠れるくらいの丈のところで腰紐をします。これはどのお着物を着るのでも一緒なんですけどしっかりめに、ちょっと苦しいかなぐらいまで締めてください。これは片花結びでしっかり結びます。

続けて、おはしょり。ここは身八つ口と言うんですけど、お袖の脇のところから手を入れて、後ろのシワを取るようにギュッと真ん中から脇へ「手刀を切る」と言うんですけど、前もしっかり被せたら、ここでもギュッと。これで結構、着物がしっかり前と後ろに落ちてきます。そしたら衿合わせですね。

コタキ
襟合わせのバランスやポイントとかはありますか?

外岡
振袖と比べると、最初の長襦袢が、縦のVの感じになっているので、それに合わせて、衿合わせもすっきりこのラインに沿って縦のVの感じに合わせます。

コタキ
やっぱり和装クリップはあった方がいいですか?

外岡
私の相棒です。一人で着せる時は、和装クリップとのコラボレーションですね。今度はちょっとシャープに見えるように首元がきているかなと思います。

コタキ
衿の開き具合がちょっと違うだけでも結構印象が変わりますね。

外岡
胸紐をします。見えるところのシワを取っていきます。着物の布目に沿ってシワを引っ張っていきます。
後ろもシワを取ります。ここからちょっと普通のお着物と違うんですけど、袴を着けてしまうのでおはしょりは見えなくなっちゃいます。なので、あまりきっちりやらなくてもいいのです。重たくならない程度にすっきりと脇から見えるところだけが綺麗になっていればいいので、おはしょりは脇が開いてるので、見えるところだけ綺麗になるように簡単に処理します。

コタキ
だぶつきとかは直したほうがいいですか?

外岡
だぶつきも大丈夫です。隠れてしまうのであまり神経質にならなくて大丈夫です。これなら、お母さんもちょっと動画を見て頑張ってやってもらえるんじゃないかなと思います。面倒臭かったら、逆に上げなくてもいいです。このおはしょりを作らなくても、伊達締めをパッと当てちゃうだけでもいいかなとは思います。ちょっと脇が綺麗に見えるように私達は揃えるだけ揃えています。これで、袴のお着物はできました。

袴の長さは重要

半幅帯を締める

外岡
次に袴を履いていただくんですけど、まずこの袴の長さを測らなくちゃいけません。お草履だったら
くるぶしまでくる辺り、ブーツだったら、もっと短くても可愛らしいと思います。ちょっと一歩下がっていただいて、袴の中に入ってください。大体の位置が測れたと思うので、その位置に、浴衣の時に使う半幅帯を締めていきます。

コタキ
袴の胸の位置は振袖の帯の位置と同じですか?それよりもっと上ですか?

外岡
見えるのが、上の1〜1.5cmなんですね。振袖よりちょっと高いのかな?ある程度微調整ができるので、袴の寸法に合わせたりとか多少上下してるかなと思います。これは浴衣の時の帯結びをします。シンプルな帯結び。浴衣の帯結びだったら、お母さんでも結ったことがあるかもしれないので、ここはちょっとキュッと締めます。一回結んでもらって、この残ったタレのところで蝶々を作るんですけど、肩幅よりちょっと短いぐらいがいいかな。手幅一つより少しだけ長めぐらいです。それでパタパタと折ってこれで蝶々を作ります。
これが、袴の後ろの姿の土台になるので別にこれはこだわりがないんです。これが二つ折りの蝶々でも、三つ折りの蝶々でもいいし、とにかくここに枕を作りたいから作ってるのですね。色々な作り方があるかと思います。後ろにボリュームを出す目的ならなんでもいいのです。浴衣の蝶々結びって覚えてもらうといいのかなと思います。落ちてこないようにしっかりと、結び目までを帯の中にしっかり入れ込んで土台を作ります。

半幅帯の締め方

袴を着付ける

外岡
まずは前から当てていきます。このヒダの真ん中のところが、衿を合わせたところの中心に行くように
ここが1cmぐらい出るように丈を合わせます。1〜2cmぐらいまで出るように丈を合わせます。前の紐を、後ろに持っていきます。蝶々の上のところで私は一回結んでいるんですけど、身体にしっかり付くぐらいまで結びます。
そしたら、後ろで作った蝶々のところをバッテン掛けにして残った紐を前の方に持っていきます。ここで斜め下にしっかり後ろが付くように引っ張ります。左側を上にしておいて、右側の紐をひっくり返す。左の手はそのまま。また後ろに行きます。蝶々の下でしっかりと結んでしまいます。
今度は後ろですね。背中の方へ付けます上の方をしっかり背中につけながら前に持っていく。こんもりとお山のようになっているのがいいかな。先ほど交差した位置でまたしっかり締めます。左側の紐をさっき前で交差した紐の下からグイッと出します。全部下からここでしっかりグッと締めます。そうすると、背中側がたるみなく、しっかり背中に付くと思います。ここがパカパカしてると着崩れたり落ちちゃう。背中に付いているように締めます。
あとはおリボンを作るだけ。今は、ここも可愛くアレンジされてる方もたくさんいると思いますけどこれが一番オーソドックスかな。
最後に、この結び目を整えたら終わりです。

袴の着付け方

出張着付けのメリット

コタキ
うさぎやの外岡さんに袴の着付けをしていただきました。今回は着付けに慣れていない方にもわかりやすい解説をしていただいたんですが、やっぱりどうしても自分ではちょっと難しいなという方はくらしのマーケットの出張着付けのプロにお願いするのが一番良いかと思います。
出張着付けを頼むメリットは何だと思いますか?

外岡
着物って、使うものがたくさんあって紐とか帯とか色々な道具があるので、それを一式全部持って会場に移動しなければいけなかったりします。ご自分のお家に来てもらえば、そういった手間も省けます。

コタキ
着付けた後の荷物も移動する手間がないのですよね。卒業式の朝はすごく早いのでいいなと思いました。外岡さん、今回はありがとうございました

動画のまとめ

一年に一度、卒業式を華やかに演出する袴。
袴の着せ付けは、袴で隠れる帯の部分は蝶々結びなど簡単な帯結びで処理すれば良いため、着せ付けに慣れていない方でも挑戦しやすいのが特徴です。 通常のお着物の着付けと手順はほぼ同じですが、袴の丈に合わせて肌襦袢(肌着)や長襦袢の丈を短めに調整するのがポイントです。
今回は、美しく仕上げるために最も重要な「補正」から、衿合わせ・衣紋の抜き方、おはしょりの処理の仕方など、出張着付け師として年齢を問わず多くのお客様に着付けをしてきたプロだからこそ知っているポイントや、初心者の方が注意すべき部分を丁寧に解説していただきました。 「短時間で仕上がるのに着崩れない!」とお客様から大好評のプロの技術がたっぷり詰まった動画です。 技術力向上・社内研修、着付けを学びたい方はぜひ参考にしてください。

■Web集客を無料ではじめるなら、くらしのマーケット

くらしのマーケットは、個人事業主・自営業者の方が無料で集客をはじめられるツールです。

ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など200種以上のカテゴリで集客が可能。集客サイトとしては国内最大級の規模を誇ります。

くらしのマーケットからの仕事で、自信と対応力をつけられました

初期費用・月額費用は無料

集客をはじめるのに料金は一切かかりません。
お客様からの予約が成立した場合のみ手数料が発生する「成功報酬型」です。
予約が入らなかったり、都合が合わず成約しなかった場合、手数料は発生しません。

初期費用 無料
月額費用 無料
予約手数料 サービス料金の20%
※サービス料金が10,000円未満の場合は一律2,000円
※「家事代行・家政婦」と「買い物代行」カテゴリの予約手数料は一律0円

充実のサポート体制だから、はじめてでも安心

Web集客の専門家が、売上アップをサポート。
最新の集客ノウハウを学べる各種講座も開催しています。
「スマートフォンが苦手で不安…」という方でも、安心してスタートできます。

1分で完了、かんたん申込

出店申込は、スマホやパソコンから1分で完了。今すぐお申し込みいただけます。
詳しい情報を知りたい方・資料ダウンロードをご希望の方は、下のボタンからご確認ください。