個人事業主が名刺に書くべき情報。職種や肩書き、住所などの個人情報についても徹底解説

個人事業主になってまず必要なのが「名刺」です。ですが、会社員と異なり自分で作成しなければなりません。今回は個人事業主が名刺に書くべき情報や職種例、個人情報の記載について具体的に説明します。

1.名刺に記載するべき情報

個人事業主として、名刺に何を記載するべきか迷ってしまう方もいると思います。

名刺には、名刺をみて自分がどんな人かがわかる情報を記載しておくことが大切です。一般的には以下の情報を記載しておくことをおすすめします。

この他にも、職業によっては営業時間や保持している資格情報を記載することもできます。

 

2.記載する職種や肩書き例

名刺は名前や電話番号も大切な情報ですが、その他に職種や肩書きもとても重要なポイントです。名刺をもらうとき、まず職種や肩書きを確認することも多いです。実際に記載する例として以下のようなものがあります。

 

2-1.職種

etc…

この他にも業種によって様々な職種がありますが、一目で何をしているかがわかるような職種を記載しましょう。

 

2-2.肩書き

今度は肩書きの例をみていきましょう。

etc…

肩書きも職種同様、業種によって様々です。一目でどんな肩書きかがわかるように記載しましょう。

 

3.電話番号や住所などの個人情報はどうすればいいの?

3-1.住所

個人事業主は会社員と違い、自宅を事務所や仕事場にしている場合もあります。その場合、名刺に載せる住所が個人情報となってしまい、不安になる方もいると思います。現在はgoogle mapなどで簡単に自宅を特定できてしまうため、誰彼構わず簡単に住所をさらしてしまうことは、むしろ危険かもしれません。

そのような時は名刺に無理に住所を記載する必要はありません。ただし、住所の記載がないと、相手にどこで仕事をしているのかが伝らなかったり、発送や受け取りが発生する仕事の場合は不便が生じます。

もし、個人事業主が自宅の住所の記載が必要だけど記載するのは不安、という場合は、以下の方法を試してみるのもいいかもしれません。

名刺を2パターン用意する

住所を記載する名刺と記載しない名刺を用意し、必要に応じて名刺を使い分けます。

ただし、住所を記載しない場合も、都道府県や市町村程度の活動拠点は記載しておいた方がいいでしょう。どこに住んでいるかなどがある程度わかった方が仕事を依頼する側も安心できます。

また、住所を記載してない名刺を差し出す時は、「自宅が事務所のため住所は記載しておりませんが」などと添えることで、印象が大きく変わります。

住所を借りる

住所を公開したくない人のために、住所を提供してくれる「住所貸し」というサービスがあります。月額いくらを支払うことで住所を貸してくれるというものです。借りた住所での事務所登録が可能になり、自宅を公開することもないので安心して名刺に住所を記載することができます。

ただし、住所を借りる際はインターネット等でしっかりと調べておく必要があります。無許可で住所を貸し出している業者や友人・知人から借りることは、トラブルの元になってしまう可能性もあるため、借りる前にしっかりと下調べをしておきましょう。

 

3-2.電話番号

住所同様、電話番号も個人情報なので、記載するのを不安に思う方もいると思います。こちらも以下の方法を試してみることをおすすめします。

名刺を2パターン用意する

住所と同じく、電話番号を記載する名刺と記載しない名刺の2パターン用意しておきます。名刺は様々な場所で交換する場がありますが、その場限りの方には電話番号無記載の名刺を渡すなどして使い分けることが有効です。

事業用電話番号を取得する

こちらは電話番号をプライベートと分けたいという方にもおすすめの方法です。月額制でIP電話(インターネットに接続して音声を届ける通話方法)を取得すると、自分の番号以外で電話をかける、受け取ることが可能になります。

また、電話のみで使用する携帯電話を購入することも1つの方法です。電話だけできる最低限の契約であれば、費用も抑えられます。

 

4.名刺の発注に必要な日数(業者に頼む場合)

実際に名刺を印刷会社に発注する場合、どのくらいの日数がかかるのか気になりますよね。

名刺の枚数によっても変動しますが、一般的に4〜5営業日で配送となります。業者によっては自分で早めの出荷を希望することは可能ですが、その分値段は高くなります。また、紙質や大きさによって値段も異なります。

4-1.一般的な名刺のサイズ

一般的に使用される名刺のサイズは以下の通りです。

・4号(91mm×55mm)

・3号(85mm×49mm)※少し小さめサイズで女性に人気

この他にも2つ折りや3つ折りの名刺もあります。一般的なサイズの名刺と比較して情報量を増やすことが可能です。

 

個人事業主になったけど、集客できるかどうか不安…そんな方は、くらしのマーケットに登録してみるのはいかがでしょうか。

「くらしのマーケット」は引っ越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービスです。

私たちは各種サービスを取り扱う出店者と、お客様を繋ぎます。現在2万店以上の登録があり、お客様の数も増加中です。

 

<くらしのマーケットの特徴>

初期費用・月額費用は完全無料!
コストをかけずに集客を始めることができます。

ネット集客が初めての方にも安心!
ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。安心してスタートできます。

手数料は「完全成功報酬型」!
予約が成立したときのみ、サービス料金の20%の手数料が発生します。