一次下請け(一次請け)とは?二次請け・孫請けの関係をイラストで解説

 

 

1. 一次下請け(一次請け)とは?

「一次下請け(いちじしたうけ)」とは、下請け会社が複数ある場合に、元請業者から一番最初に直接仕事を請け負う事業者のことをいいます。「一次請け」や「一次請負(いちじうけおい)」とも呼ばれています。

一次下請けがどのようなものか理解するために、まず「元請け」と「下請け」の違いについて解説します。

元請けと下請けの違い

元請けと下請けの違いは、誰から仕事を請け負っているかに注目するとよく分かります。

元請けとは、依頼主から直接仕事を請け負うことです。依頼主から直接仕事を請け負っている事業者のことを、そのまま「元請け」と呼ぶこともあります。

これに対し、下請けとは、元請けの事業者から仕事を請け負うことです。下請けを行う事業者のことを、そのまま「下請け」と呼ぶこともあります。

依頼主・元請け・下請け関係図

元請けは基本的に1社のみですが、下請けは1社だけとは限りません。

下請けからさらに他の人(会社)がその仕事の全部または一部を請け負う「二次下請け(二次請け)」が存在する場合があるからです。

 

2. 二次下請け(二次請け)と孫請け

一次下請けからさらに他の人(会社)がその仕事の全部または一部を請け負うことを「二次下請け(二次請け)」といいます。

元請けから見ると孫のような関係にあることから、「孫請け」と呼ばれることもあります。

二次下請けの下請けを「三次下請け」、三次下請けの下請けを「四次下請け」と呼びます。

依頼主から直接お金を受け取る元請けがまず。手数料を受け取り、一次下請けに仕事を回します。さらに一次下請けがマージンを受け取り、二次下請けに仕事を回します。

二次、三次……と間に入る下請け事業者が増えれば増えるほど、中間マージンが多く徴収されるため、元請けから遠くなればなるほど実際に得られる報酬額は少なくなってしまいます。

 

3. 直接取引できる顧客を増やすために「集客」が必要

いま一次下請けや二次下請けとして仕事をしている方は、依頼主(顧客)から直接依頼を受けられるようになれば、より収益を上げやすくなることは上記で説明したとおりです。

今すぐすべての仕事を直接取引に変えることは現実的ではありませんが、徐々に下請けとしての仕事の割合を減らし、直接取引できる顧客を増やしていくことはできますよね。

直接取引できる顧客を増やすということは、「自社を指名して依頼してくれる顧客」を増やすことと同じです。そのためには、元請けを頼るのではなく、自分で集客していく姿勢が求められます。

自分で集客する方法については、下記の関連記事の内容を参考にしてみましょう。集客のための準備やおすすめの集客方法について解説しています。

下請けでも集客すべき?塗装・リフォーム業界の事例も紹介

 

下請け脱却に!「くらしのマーケット」のご紹介

集客をはじめるとなれば、広告費など多額のコストがかかるのでは…」そう思われる方も多いかもしれません。

集客のコスト面が気になる方にぜひご利用いただきたいのが、国内最大級の集客サイト「くらしのマーケット」です。

くらしのマーケットのイメージ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級の集客サイトです。

初期費用・月額費用は完全無料!
コストをかけずに集客を始めることができます。予約が成立したときのみ、サービス料金の20%の手数料が発生します。

ネット集客が初めての方にも安心!
ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。安心してスタートできます。