事業の夫婦での経営は難しい?上手くいく方法とは

夫婦で事業を経営するモデルは、特に個人事業主では多い形です。互いに気心の知れたパートナーを得て、事業をスムーズに効率的に行っている理想的な夫婦はあなたの街にもいるでしょう。

一方で、夫婦で事業をするのは難しい、大変だという声も聞かれます。メリット・デメリットから、なぜ夫婦での経営は難しいのか、上手くいくための方法とは何かをひもときましょう。

 

1. 夫婦で経営することのメリット

1-1. 喜び、苦しみを分かち合う

経営者はその事業の大小に関わらず孤独なものです。いや、特に個人で事業を行っているような形であれば、その孤独感はより強いものでしょう。

夫婦で事業を経営することで、その孤独感を分かち合い、軽減することができます。人は悩みを持っているとき、親身になって一緒に悩んでくれる人がいるだけでも楽になれるものです。

経営者の孤独なストレスを、身近な夫婦という関係の人と分け合うことで紛らわせることはメリットといえるでしょう。よいこと、喜びも共有する人がいればこそ、大きく感じられるものでもあります。

1-2. 気心の知れた右腕が業務の拡張を実現する

事業の経営をする際に、個人でのやれることには限界があります。もし、人を雇ったとしても、その人をどこまで信じて仕事を任せられるかというのは大きな問題です。

夫婦で事業を経営する場合は、気心知れた相棒ともいうべき相手がすぐ近くにいるのです。信がおける人間がいることで、業務の拡張に挑めるでしょう。

1-3. 忌憚ない意見を言ってくれる冷静な目を持てる

個人で事業を行っていると、その視界は近眼視的になりがちです。自分でやりたいようにできるのも個人で事業を行っていくうえでの特権でもありますが、誰も見ていない場合にはブレーキを掛けてくれる人もいません。

岡目八目というぐらいで、外から見たほうが事業の状態などがよく見えることもよくあることです。夫婦で経営をすることにより、冷静な目で気兼ねのない意見を手に入れることができます。

 

2. 夫婦で経営することのデメリット

2-1. ビジネスと生活の境目がなくなる

個人事業主は特にそうなりがちなのですが、四六時中事業に関したことを考えているとビジネスと生活の境目が無くなり、延々と仕事をしているような状態になりかねません。

会社員の夫婦であれば、ビジネスの場と家庭は分かれており、その切り替えができるようになっています。

しかし、個人事業主で夫婦での経営をしている場合は要注意です。例えば夫婦喧嘩をしてしまった場合、それがビジネスに尾を引いてしまうこともあり得るのです。そこが割り切れる相手でないと、夫婦での経営ではデメリットとなってしまう部分です。

2-2. 融通の効く関係が悪く働くことも

夫婦での経営は阿吽の呼吸で事業を推進できることも魅力の一つです。夫婦は長い時間を共にするパートナーであり、相手をよく理解していることが多いからです。

しかしながら、ビジネスでは形式、手続きといった物を優先しなくてはいけない場合もあります。あまり、相手は分かってくれるという了承のもと、形式、手続きを形骸化してしまうと、対外的なビジネスとしての形や事業拡張への悪癖となってしまいます。

 

3. まとめ

夫婦といえど意思を持った人と人の組み合わせです。単純に自分の考えを持った人が二人いるとすれば、すれ違ったり、異なったりしたところが出てくるのは当たり前です。

コミュニケーションをとってお互いに相手を尊重できる相手であれば、事業の経営上でもよいパートナーとなれる可能性を大きく秘めています。それは通常の夫婦関係のさらなる延長線上にあるのかもしれません。

 

くらしのマーケットに無料出店しませんか?

「客足が減っている」「閑散期対策をなんとかしたい」

集客にお困りのあなたに、ぜひご利用いただきたいのが、予約サイト・くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のサイトです。

 

初期費用・月額費用は完全無料!
コストをかけずに集客を始めることができます。

ネット集客が初めての方にも安心!
ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。安心してスタートできます。

手数料は「完全成功報酬型」!
予約が成立したときのみ、サービス料金の20%の手数料が発生します。