電気工事の事業を開業する方法・流れと資格について

電気工事の事業を開業していこうと思ったとき、一体どのように進めたら良いのかわからない方もいるでしょう。

電気工事の仕事は資格が無いとできないものもあり、どこまでの資格を保有したら独立開業してもやっていけるのか明確に理解しておくことで独立開業するための明確な目標を決めることができます。

ここでは、電気工事の事業を開業する方法や流れ、資格についてご紹介していきます。

 

1. 電気工事士の種類によってできる仕事内容

まずは、電気工事の事業を行うにあたり、必要となる代表的な資格を見ていきましょう。

第一種電気工事士の仕事

第一種電気工事士の仕事内容としては、工場施設やビルなどの大きめの電気設備の仕事を監督できます。

自ら電気工事を行うということではなく、作業員を管理して工事の監督ができます。

最大電力500キロワット未満の設備の工事を請け負うことができるため、大掛かりな工事に係ることができ、報酬も多く受け取ることができるでしょう。

第二種電気工事士の仕事

第二種電気工事士の仕事内容としては、第一種電気工事のような大規模工事ではなく、一般的な住宅やお店などの中・小規模の電気設備の工事を請け負うことができます。

第二種電気工事士の資格を保有しているだけでも、小規模工事の監督として業務を請け負うことができるため、独立開業しても人脈や経験があれば仕事を請け、生活していくとこができるでしょう。

 

2. 電気工事の事業をはじめるために必要な条件

では次に、電気工事の事業をはじめるにあたり、必要な条件はどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

資格は必要か?

電気工事の仕事で開業していくためには、ある程度仕事が請けられる体制であることが必要で、そこで必要になるのが電気工事士の資格です。

電気工事士の資格を保有していなければ、現場監督として電気工事の管理ができないため、いち作業員としての業務となり、開業する意味があまりなくなります。

電気工事の監督として仕事を請けるためには資格取得をしておきましょう。

開業の条件は?

電気工事の事業を開業するには、資格を保有しておくことが必要とご紹介しましたが、それ以外にも開業届を提出するなどの手続きが必要となります。

個人事業主として登録しておくだけでも仕事を請けることができるため、一人親方として独立開業するのであれば、法人化せずに個人事業主として働くという選択もできます。

ただし、現場監督などの施工管理を請け負うのであれば、法人化しておくと良いでしょう。

 

3. 電気工事事業の開業手続きの流れ

電気工事事業の開業手続きの進め方は、以下のようになります。

  1. 第二種電気工事士の資格を保有する
  2. 認定電気工事従業者の資格を保有する
  3. 登録電気工事業者の知事登録する

基本的には登録電気工事業者の登録をしなければ仕事を請けることができません。まずは、資格と経験を持ちましょう。

 

4. 電気工事で登録が不要な工事とは

電気工事士の資格を保有してなく、登録電気工事業者の登録もしていない場合でも、軽微な工事であれば、作業を請け負うことができます。

これは、電気工事としてみなされないもので、例えば電気機器の端子に電線をネジ止めする工事など、軽微な工事として認められる内容のものは電気工事としてみなされず、登録も不要です。

 

5. まとめ

ここまで、電気工事士の資格を保有した場合に請け負うことができる仕事内容や、独立開業するための流れや必要な資格についてご紹介してきました。

電気工事の事業をこれから独立して本格的に行おうという方は、まずは第二種以上の電気工事士を取得するところから始め、経験を積んで個人事業主として届け出を出して独立すると良いでしょう。

 

くらしのマーケットに無料出店しませんか?

「客足が減っている」「閑散期対策をなんとかしたい」

集客にお困りのあなたに、ぜひご利用いただきたいのが、予約サイト・くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のサイトです。

 

初期費用・月額費用は完全無料!
コストをかけずに集客を始めることができます。

ネット集客が初めての方にも安心!
ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。安心してスタートできます。

手数料は「完全成功報酬型」!
予約が成立したときのみ、サービス料金の20%の手数料が発生します。