造園の仕事は大変?必要な資格や独立開業の可能性について

建設や建築の仕事をしている方の中で、造園業に興味を持っているという方も少なくないでしょう。

造園の仕事は庭の手入れをするだけではなく、設計やデザインなども含め幅広く仕事があり、造園専門の造園施工管理技士や造園技能士などの資格も存在します。

ここでは、造園の仕事内容や独立開業の可能性についてご紹介していきます。

 

1. 造園の仕事はきつい?大変?

まずは、造園の仕事内容について確認していきましょう。

造園の仕事内容

造園業には、様々な種類の仕事があります。

庭園を築造したり家の庭木を手入れしたり、公園の緑地を作ったりなど、一言で造園と言ってもその内容は多岐に渡ります。

造園の仕事は体を使う肉体労働のイメージが強いと思いますが、造園の仕事は体だけではなく頭も使う仕事で、顧客と直接コミュニケーションを取ることもあるため、身だしなみやコミュニケーション能力も必要です。

造園の仕事はきつい?

仕事自体は体力も使うためきつい部分もありますが、相応の報酬とやりがいがある仕事です。

建築業や建設業は特に3K(きつい・きたない・きけん)のイメージが強いと思いますが、最近では働き方改革などの影響も含め、かなり改善されており、昔のようなイメージではなくなってきています。

 

2. 造園の仕事に向いている人はどんな人?

造園の仕事に向いている人は、体力があり、肉体労働も苦じゃないと思える方や、設計・デザインなどが好きで、、ものづくりが好きな人は向いていると言えるでしょう。

また、意外かもしれませんが、コミュニケーション能力が必要となる仕事なので、コミュニケーションを取ることが好きな方や、チームで何かをすることが好きな方は向いていると言えるでしょう。

 

3. 造園の仕事に必要な資格

造園の仕事に必要な資格としては、造園技能士や造園施工管理技士、樹木医などがあります。

土木施工管理技士や建築施工管理技士などは一般的に広く知られていますが、造園施工管理技士という言葉はあまり聞いたことが無い方も多いでしょう。

造園技能士は、1級を取ると厚生労働大臣名が入った合格証書が交付され、技術を身に付けており、造園の知識を保有していることを証明できます。

個人の顧客ではなく、国や市などの公共事業の場合などには造園施工管理技術検定2級以上の資格保有が必要である等、仕事の内容によって資格の有無が関係しています。

 

4. 造園の仕事で生計を立てていくには

造園の仕事で食べていくには、会社に所属すること、派遣で働くこと、個人事業主で働くこと、会社を設立することなどが挙げられます。

一般的には会社に所属して勤めることで安定的に仕事をすることができますが、自分で自由に仕事をしていきたいときには独立開業して個人事業主として働くか、会社を設立するという形になるでしょう。

 

5. 造園で独立開業は可能か

造園で独立開業は可能なのでしょうか。

独立開業に必要な条件

造園業で独立開業するために必要な条件は、特にありません。

資格があるに越したことはないですが、資格が無くても個人の庭の手入れなどを手伝うことはできます。

ただし、それだけでは生計を立てていくことが難しいため、資格取得や経験は必然的に必要になるでしょう。

独立開業するためには

造園の仕事で開業するためには、まずは個人事業主として開業することがおすすめです。

いきなり法人化するよりも個人事業主として仕事が定期的に入り、安定してから法人化することがおすすめで、個人事業主として開業するには開業届を出す必要があります。

 

6. まとめ

ここまで、造園の仕事内容や、仕事はきつくて大変なのか?などをご紹介してきました。

造園の仕事は決して楽な仕事ではありませんが、独立開業も目指して働ける職種で、まずは経験値を積むことと、資格取得をすることがおすすめです。

 

くらしのマーケットに無料出店しませんか?

「客足が減っている」「閑散期対策をなんとかしたい」

集客にお困りのあなたに、ぜひご利用いただきたいのが、予約サイト・くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のサイトです。

 

初期費用・月額費用は完全無料!
コストをかけずに集客を始めることができます。

ネット集客が初めての方にも安心!
ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。安心してスタートできます。

手数料は「完全成功報酬型」!
予約が成立したときのみ、サービス料金の20%の手数料が発生します。