植木屋は儲かるの?営業のやり方や集客・開業手続きを解説

現在植木屋で働いている方は、独立開業してみたいと思っている方も多いと思います。

しかし、会社に所属しているときには仕事も定期的に入ってきますが、独立してからは仕事をどのように取ってきたらよいのかわからない方も多いでしょう。

今回は、植木屋で独立した場合の営業方法や集客方法についてご紹介していきます。

 

1. 植木屋は独立開業したら儲かるのか?

植木屋の独立は実際に儲かるのでしょうか。

造園業は右肩上がりの業界ではありません。そのため容易に集客ができるという状況とは言えないでしょう。

造園業の事業者の高齢化が進んでおり、供給数はやや減少傾向にあるといいます。営業をうまくできれば新規顧客開拓の糸口が見つかるかもしれません。

事業所自体が大きければ、公共事業(街路樹の剪定等)の受注も視野に入れるとよいでしょう。

 

2. 植木屋の集客や営業方法は?

植木屋として独立するのであれば、技術力だけではなく営業や集客力も必要です。

2-1. チラシによる集客

植木屋として集客する場合、チラシをポスティングしたり新聞折り込みしたりするなど、チラシによって営業活動をするという方法があります。

特に、庭が立派なところや、大きいところを目掛けてチラシ配布するのも一つでしょう。

2-2. 飛び込み営業

チラシを利用せず、飛び込み営業をするという方法もあります。

営業力のある方にとってはこの方法が良いかと思いますが、現代の社会においては不審がられることもあるため、あまりおすすめできません。

2-3. 人の紹介

人の紹介が一番の集客方法です。

人に紹介してもらうと、成約率も高まりますし、自分で営業しなくとも仕事を獲得することができるため、紹介をもらえるように日頃から質の良い仕事をすることが必要です。

2-4. Webによる集客

現代においては、Webによる集客が数ある媒体の中でも効果があるでしょう。

Web広告などを利用することで、定期的に新規の顧客を獲得することも可能となるため、Web集客の専門業者などに相談してみるのも一つの手段と言えるでしょう。

 

3. 植木屋で独立する方法や流れ

植木屋として独立開業するための流れは、一般的には以下の様な流れとなります。

  1. 植木屋としての経験を積む
  2. 個人事業主の登録をする
  3. 営業活動をする
  4. 仕事を請け負う

ざっくりとですが、このような流れとなります。

まずは、技術や経験を積み、仕事を一人で行えるようにした後は、個人事業主の登録をしてから開業すると良いでしょう。

会社として法人化するためには別の流れとなりますが、一般的には個人事業主から始める方が多いでしょう。

造園・植木屋で独立開業したい!開業手順を解説

 

4. まとめ

ここまで、植木屋として独立開業する場合のメリット・デメリットや、独立開業する方法などをご紹介してきました。

植木屋として独立したいと思った場合にはまずは技術と経験を身に付け、一人でやっていけるという自信が持てるようになることが必要です。

 

Web集客を無料ではじめるなら、くらしのマーケット

くらしのマーケットは、個人事業主・自営業者の方が無料で集客をはじめられるツールです。

月間500万人が訪問する集客サイト

ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など200種以上のカテゴリで集客が可能。
サイト訪問者数は月間500万人で、集客サイトとしては国内最大級の規模を誇ります。

初期費用・月額費用は無料

集客をはじめるのに料金は一切かかりません。
お客様からの予約が成立した場合のみ手数料が発生する「成功報酬型」です。
予約が入らなかったり、都合が合わず成約しなかった場合、手数料は発生しません。

初期費用 無料
月額費用 無料
予約手数料 サービス料金の20%
※サービス料金が10,000円未満の場合は一律2,000円
※「家事代行・家政婦」と「買い物代行」カテゴリの予約手数料は一律0円

充実のサポート体制だから、はじめてでも安心

Web集客の専門家が、売上アップをサポート。
最新の集客ノウハウを学べる各種講座も開催しています。
「スマートフォンが苦手で不安…」という方でも、安心してスタートできます。

1分で完了、かんたん申込

出店申込は、スマホやパソコンから1分で完了。今すぐお申し込みいただけます。
詳しい情報を知りたい方・資料ダウンロードをご希望の方は、下のボタンからご確認ください。