植木屋の開業はうまくいく?営業の仕方や集客方法について

現在植木屋で働いている方は、独立開業して個人でやっていきたいと思っている方もいるでしょう。

しかし、会社に所属しているときには仕事も定期的に入ってきますが、独立してからは仕事をどのように取ってきたらよいのかわからない方も多いでしょう。

今回は、植木屋で独立した場合の営業方法や集客方法についてご紹介していきます。

 

1. 植木屋は独立開業したら儲かるのか?

植木屋の独立は実際に儲かるのでしょうか。

結論からお伝えすると、「その人次第」というのが答えです。

植木屋として独立開業した場合、技術職としての開業となるため、技術が高ければそれだけ沢山の仕事や単価の高い仕事を請けることができるでしょう。

しかし、その一方で、技術も経験もない場合には、仕事を獲得することができず、決して儲かる仕事とは言えないでしょう。

 

2. 植木屋の集客や営業方法は?

植木屋として独立するのであれば、技術力だけではなく営業や集客力も必要です。

2-1. チラシによる集客

植木屋として集客する場合、チラシをポスティングしたり新聞折り込みしたりするなど、チラシによって営業活動をするという方法があります。

特に、庭が立派なところや、大きいところを目掛けてチラシ配布するのも一つでしょう。

2-2. 飛び込み営業

チラシを利用せず、飛び込み営業をするという方法もあります。

営業力のある方にとってはこの方法が良いかと思いますが、現代の社会においては不審がられることもあるため、あまりおすすめできません。

2-3. 人の紹介

人の紹介が一番の集客方法です。

人に紹介してもらうと、成約率も高まりますし、自分で営業しなくとも仕事を獲得することができるため、紹介をもらえるように日頃から質の良い仕事をすることが必要です。

2-4. Webによる集客

現代においては、Webによる集客が数ある媒体の中でも効果があるでしょう。

Web広告などを利用することで、定期的に新規の顧客を獲得することも可能となるため、Web集客の専門業者などに相談してみるのも一つの手段と言えるでしょう。

 

3. 植木屋で独立する方法や流れ

植木屋として独立開業するための流れは、一般的には以下の様な流れとなります。

  1. 植木屋としての経験を積む
  2. 個人事業主の登録をする
  3. 営業活動をする
  4. 仕事を請け負う

ざっくりとですが、このような流れとなります。

まずは、技術や経験を積み、仕事を一人で行えるようにした後は、個人事業主の登録をしてから開業すると良いでしょう。

会社として法人化するためには別の流れとなりますが、一般的には個人事業主から始める方が多いでしょう。

 

4. まとめ

ここまで、植木屋として独立開業する場合のメリット・デメリットや、独立開業する方法などをご紹介してきました。

植木屋として独立したいと思った場合にはまずは技術と経験を身に付け、一人でやっていけるという自信が持てるようになることが必要です。

 

くらしのマーケットに無料出店しませんか?

「客足が減っている」「閑散期対策をなんとかしたい」

集客にお困りのあなたに、ぜひご利用いただきたいのが、予約サイト・くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のサイトです。

 

初期費用・月額費用は完全無料!
コストをかけずに集客を始めることができます。

ネット集客が初めての方にも安心!
ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。安心してスタートできます。

手数料は「完全成功報酬型」!
予約が成立したときのみ、サービス料金の20%の手数料が発生します。