電気工事の下請けで独立する時に必要な資格や契約は?

電気工事の仕事に携わっている方は、いつか独立したいと考えることや、一人親方で生計を立てていきたいと考えている方も少なくないでしょう。

しかし、電気工事で独立開業した場合に、下請けとして仕事を取るにはどのようなことが必要になるのか疑問や不安が残る方も少なくないでしょう。

今回は、そのような方に向けて、電気工事の仕事は下請けでやっていけるものなのか、資格は必要なのか、どのような契約になるのかなどをご紹介していきます。

 

1. 電気工事の下請け仕事とは

まずは、下請けとしてできる電気工事の仕事にはどのような仕事の種類があるか見ていきましょう。

屋内配線工事

屋内配線工事とはその名の通り屋内での配線工事となりますが、例えばビルのテナントが出ていくときや、入ってきたときに、電気の配線を行う必要があったとき、この屋内配線工事が必要となります。

また、家の電気配線を変更したいときなども、屋内配線工事が必要です。

外線配線工事

外線配線工事は、電柱にある変圧器の工事などをおこなうもので、家の中での作業ではなく、電柱に登って作業する工事となります。

一般家庭だけではなく、ビルやマンション、商業施設など仕事の依頼主は多く存在します。

エアコン設置などの工事

配線だけではなく、エアコンの設置なども電気工事の一つです。

個人宅のエアコンの設置などは、電気屋さんで購入したエアコンを、業務委託を受けている個人経営の電気屋さんなどが自宅で設置するというもので、この業務委託を受けるのは電気工事の仕事の一つとなります。

 

2. 電気工事の下請けで独立するには

電気工事を下請けで独立することはできるのでしょうか。

ここでは、電気工事の下請けで独立する方法を見ていきましょう。

まずは経験と資格を

電気工事の下請けで独立開業するには、まずは経験値を積むことが必要です。

まったく電気工事をしたことがないのにいきなり独立開業することは難しく、資格を取得するか、経験値を積むことから始めましょう。

経験値を積んでも資格が無ければできない仕事もあるため、理想的なのは経験値を積み、資格も保有しておくことです。

開業届を出して独立開業

経験値を積み、電気工事士などの資格を保有したら、独立開業の体制が整ったと言えるでしょう。

独立開業する方法としては、まずは個人事業主の登録を行い、個人経営者としてスタートすることで、スモールスタートすることができ、ハードルも低く始められます。

その場合、開業届を出すことが必要です。

株式会社などの法人化は、ある程度個人事業主として経験を積み、自分一人ではなく人も採用するようになった時に考えると良いでしょう。

 

3. 電気工事の仕事に資格は必要?

電気工事をする上で、必要な資格には様々なものがあります。

資格を保有していなくてもできる仕事もありますが、基本的には国家資格を取得しておくことが望ましいでしょう。

代表的な資格には以下の様なものがあります。

  • 第二種電気工事士
  • 第一種電気工事士
  • 認定電気工事従事者
  • 特殊電気工事資格者
  • 1級電気工事施工管理技士
  • 2級電気工事施工管理技士
  • 第三種電気主任技術者

それぞれ資格の特徴などがありますが、1級電気工事施工管理技士などを取得してると、自分自身が工事をするだけではなく、監督として仕事を請け負うことができます。

 

4. 下請けはどのような契約を結べばよい?

電気工事を請けることになった場合、必ず電気工事の請負契約を結ぶことが必要です。

どのような工事を行うのか、いくらで請け負うのかを明確に書面でかわすことで、後から「言った」「言わない」といったトラブルを防ぐことができ、工事に内容も明確になるでしょう。

 

5. まとめ

ここまで、電気工事の下請けの仕事にはどのようなものがあるか、独立開業を目指せる仕事なのかをご紹介してきました。

電気工事の仕事で独立開業を目指すのであれば、まずは経験値を積むことと、資格を保有することが大切です。

電気工事の仕事に興味があり、ゆくゆくは独立を目指したいという方は、まずは資格取得に向けて目標設定をすると良いでしょう。

 

Web集客を無料ではじめるなら、くらしのマーケット

くらしのマーケットは、個人事業主・自営業者の方が無料で集客をはじめられるツールです。

月間500万人が訪問する集客サイト

ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など200種以上のカテゴリで集客が可能。
サイト訪問者数は月間500万人で、集客サイトとしては国内最大級の規模を誇ります。

初期費用・月額費用は無料

集客をはじめるのに料金は一切かかりません。
お客様からの予約が成立した場合のみ手数料が発生する「成功報酬型」です。
予約が入らなかったり、都合が合わず成約しなかった場合、手数料は発生しません。

初期費用 無料
月額費用 無料
予約手数料 サービス料金の20%
※サービス料金が10,000円未満の場合は一律2,000円
※「家事代行・家政婦」と「買い物代行」カテゴリの予約手数料は一律0円

充実のサポート体制だから、はじめてでも安心

Web集客の専門家が、売上アップをサポート。
最新の集客ノウハウを学べる各種講座も開催しています。
「スマートフォンが苦手で不安…」という方でも、安心してスタートできます。

1分で完了、かんたん申込

出店申込は、スマホやパソコンから1分で完了。今すぐお申し込みいただけます。
詳しい情報を知りたい方・資料ダウンロードをご希望の方は、下のボタンからご確認ください。