ハウスクリーニングの仕事の閑散期や繁忙期は?

これからハウスクリーニングの仕事を始めたい…という方は、事業として成り立つのか、常に仕事があるのか、繁忙期や閑散期は存在するのかなど、売上が減る時期について不安を抱える方も少なくないでしょう。

ここでは、ハウスクリーニングの仕事での繁忙期や閑散期についてご紹介していきます。

 

1. ハウスクリーニングの仕事は忙しい?

ハウスクリーニングを事業として始める方は、事業として成り立つのか、忙しい時期や暇な時期はあるのかなどを心配する方も多いでしょう。

閑散期や繁忙期があるのか、見ていきましょう。

繁忙期と閑散期がある

ハウスクリーニングの仕事には、繁忙期も閑散期もあります。

繁忙期は、その名の通り忙しい時期ですが、12月の中旬から下旬にかけて繁忙期になることがあり、引っ越しの時期などの3月も繁忙期となることが一般的です。

また、エアコンクリーニングなどは6月から10月にかけても繁忙期になることがあります。

繁忙期には休日返上も

繁忙期になると、仕事が多く入ってくることになり、嬉しい悲鳴ではありますが繁忙期になると休日返上することもあります。

特に個人事業主として働く方は、自分自身でハウスクリーニングの仕事を実働レベルで行う方も多いため、繁忙期で仕事が沢山入ってくると、休む暇もなく働くこともあるでしょう。

ただし、繁忙期は稼ぎ時となり、年間通して閑散期もあるため、稼げる時期に多く稼ぐということが必要になります。

 

2. 閑散期ではどれくらい仕事がない?

ハウスクリーニングの仕事では、閑散期は一年を通して2月や4月になることが多いと言われており、2・8月はどのような事業においても閑散期になることが多いですが、併せて4月後半からもハウスクリーニングの業界では閑散期になることもあります。

閑散期になると、ハウスクリーニングの仕事は入りにくくなり、上手に営業活動ができていない場合や、紹介などももらえていない場合には、月にほとんど仕事が無いという状況になる場合もあるでしょう。

しかし、日頃から集客活動をしっかり行えている方や、紹介による新規顧客を獲得できている場合には、閑散期でも仕事を獲得することができます。

繁忙期に頑張って質の高い仕事をすることによって、閑散期においても紹介などによって仕事を得ることができるでしょう。

 

3. 閑散期を生またないためには

結論から言うと閑散期はどのような市場においても生まれるものです。

しかし、閑散期を乗り越えるために、多くの企業は仕事の幅を広げたり、日頃から閑散期になることを想定して年間のスケジュールを立てたりしています。

閑散期を生まないことはできませんが、閑散期に影響を受けないような定期的な仕事を請けられるように、日頃からアンテナを広げておくことが必要です。

 

4. 閑散期中の対策について

閑散期中には無理に仕事を取ろうとして営業活動を行っていても、中々うまくいかないことがあります。

飛び込み営業などで頑張って仕事を取ろうと思っても、体力的にも精神的にも辛くなることがあるため、閑散期だからこそ、地道に集客できるようなWebサイトを立ち上げたり、サービスを見直したり、客単価を上げるためにコース設計をしたりなど、立ち止まって事業を振り返ることも必要です。

閑散期があることを踏まえて、年間計画を立て、繁忙期には閑散期の分まで仕事をするということも必要になるでしょう。

 

5. まとめ

ここまで、ハウスクリーニングにおいての閑散期や繁忙期についてご紹介してきました。

ハウスクリーニングの業界においても、閑散期や繁忙期は存在しますが、閑散期があることを考えながら繁忙期で稼げるときに稼ぐという気持ちや、日頃から紹介などで仕事が得られるように、質の高い仕事を心がけることも必要です。

 

くらしのマーケットに無料出店しませんか?

「客足が減っている」「閑散期対策をなんとかしたい」

集客にお困りのあなたに、ぜひご利用いただきたいのが、予約サイト・くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のサイトです。

 

初期費用・月額費用は完全無料!
コストをかけずに集客を始めることができます。

ネット集客が初めての方にも安心!
ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。安心してスタートできます。

手数料は「完全成功報酬型」!
予約が成立したときのみ、サービス料金の20%の手数料が発生します。