エアコン取り付け事業の客単価はどれくらい?アップする方法とは

エアコンの取り付け事業では、一件あたりの客単価が上がることによって、全体的な売上も上がります。

しかし、一件当たりの客単価を上げることは可能なのでしょうか?ここでは、客単価を上げる方法と、それ以外で利益を上げる方法についてご紹介していきます。

 

1. エアコン取り付け事業は儲かる?

エアコンの取り付け事業は、そもそも儲かる仕事なのでしょうか。

繁忙期や閑散期がある

エアコンの取り付け事業には、繁忙期も閑散期もあり、その月ごとに「儲かる・儲からない」というものが存在します。

年中通して仕事の受注ができる企業もいますが、一般的には7月~8月にかけてが繁忙期となり、その時期が沢山仕事が入る時期となります。

やりようによっては儲かる

事業戦略や営業方法によっては年中仕事を受注することができ、やりようによっては儲かる仕事となります。

全て受注ベースの売上が基本となるため、件数をこなせばこなすほど売上は上がり、儲かることになります。

仕事が沢山ある場合には、下請け業者などに仕事を振り分け、自らが工事をしなくても、中間マージンを受けることができるでしょう。

 

2. エアコン取り付けの客単価はどれくらい?

エアコンの取り付けについて、一件あたりどれくらいの客単価なのか見ていきましょう。

1工事当たりの単価

エアコンの取り付け工事は、基本的に1万円~3万円が相場となり、その中には工賃、機材費などが含まれます。

この費用は、お客様が支払う費用となり、その中で仲介業者が入っている場合には中間マージンが取られ、一件当たり数千円というのは取り付け工事業者の報酬となります。

客単価の平均は?

取付業者への報酬という意味での客単価の平均は、一件当たり5,000円~8,000円というのが相場でしょう。

実際の売上はもう少し高いですが、中間マージンを取られたり機材費が掛かったりするため、一件当たりの相場は決して高いものではありません。

 

3. 客単価をアップさせるためには

客単価をアップさせるためにはどのような方法があるのか見ていきましょう。

取り分交渉する

仲介業者や、家電量販店から仕事を請け負っている場合には、その企業と交渉するしかないでしょう。

しかし、信頼される業者にならなければそのような交渉も出来ないため、「クレームが無い」「やっかいな顧客にも対応してくれる」「色々助けてもらっている」という状況を作れれば、交渉の余地はあるかもしれません。

日頃から質の良い仕事をすることが必要です。

直接請け負う

また、仲介業者を通さずに自ら営業をすることで、直接契約を請けることができるため、中間マージンを取られずに客単価を上げることができます。

ただし、その場合には、自ら営業をして地域の方に認知してもらうことが必要です。

 

4. 利益を上げるための考え方

エアコンの取り付け事業で利益を上げていくためには、客単価のことだけを考えるだけではいけません。

回転率を上げること

客単価を上げるよりも、回転率を上げることが利益を上げることに繋がります。

繁忙期は特に仕事が多く入っている場合に、いかに早く設置し、お客様を満足させられるかが売上向上のカギとなるでしょう。

技術・判断力

回転率を上げるためには、技術力や判断力が必要です。

一件当たりのエアコン設置に掛かる時間を短縮するためには、技術を磨き、経験を積むことが求められます。

 

5. まとめ

ここまで、エアコンの取り付けに関する客単価についてご紹介してきました。

客単価を上げるためには直接契約をするなど、いくつかの方法がありますが、客単価だけではなく、意識するべきなのは回転率を上げることです。

客単価と回転率を意識することで、エアコンの取り付け事業を成功させていくことができるでしょう。

 

くらしのマーケットに無料出店しませんか?

「客足が減っている」「閑散期対策をなんとかしたい」

集客にお困りのあなたに、ぜひご利用いただきたいのが、予約サイト・くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・電気工事(エアコン取り付け)など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のサイトです。

 

初期費用・月額費用は完全無料!
コストをかけずに集客を始めることができます。

ネット集客が初めての方にも安心!
ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。安心してスタートできます。

手数料は「完全成功報酬型」!
予約が成立したときのみ、サービス料金の20%の手数料が発生します。