個人事業主が社会保険に入らないとどうなる?大きなデメリットが生じる可能性も

会社に所属していた時は、会社が全てやってくれていた社会保険の手続き。

個人事業主になると、社会保険の手続きは全て自分で行わなければいけません。もっとも個人事業主ともなると、日常の業務や他の雑務に追われてしまい社会保険の手続きが滞ってしまう、もしくは適当にやってしまうケースが多々見られます。

しかし個人事業主で従業員を雇っていた場合、自分の社会保険だけではなく、従業員の社会保険の手続きも行う必要があるため、個人事業主の方は社会保険に関して最低限の正しい知識を有している必要があります。

そこで今回は個人事業主が社会保険に入らないとどうなるか、社会保険の基礎的な知識とともに解説していきます。

 

■社会保険とはそもそもどういったものか

社会保険とは、公的な保険で、病気・怪我・失業・障害・死亡などに対して必要な保険金給付を行うための保険のことをいいます。

社会保険は主に「広義の社会保険」「狭義の社会保険」の2種類に分けて考えることが一般的です。

広義の社会保険は、主にサラリーマンなどの会社員が加入する「被用者保険」と個人事業主である自営業者が加入する「一般国民保険」に分けられます。

そして「被用者保険」はさらに「狭義の社会保険」と「労働保険」に別れており、それぞれは以下のような保険が含まれているので、しっかり分けて覚えておきましょう。

①狭義の社会保険…健康保険・介護保険・厚生年金
②労働保険…雇用保険・労災保険

こういった社会保険に加入しておくことで万が一のトラブルに巻き込まれてしまい、働くことができなくなってしまった際、最低限の生活を送ることができるように保障を受けることができます。

 

■個人事業主は社会保険に入らないとどうなるのか

個人事業主は開業した後すぐに社会保険に加入して保険料を支払うことが義務付けられています。

社会保険の加入は「法律」で定められていることなので、社会保険に加入せず経費を節約しようとするのは「法律違反」です。

個人事業主が社会保険に入らないと法律違反であり大きなデメリットがあるので、注意が必要です。

◎個人事業主が社会保険に入らないと生じるデメリット

前提として、法人事業所の場合は必ず社会保険に加入する必要があります。

また、個人事業主でも5人以上に従業員がいる場合には、社会保険に加入する義務があるので注意が必要です。

個人事業主が社会保険に入らないと以下のようなデメリットが生じてしまいます。

2年間遡って滞納していた社会保険料を支払う必要がある
●個人事業主が雇っていた従業員が病気・死亡などしてしまった場合、遺族年金などが支払われないので損害賠償請求をされるリスクがある
求人(ハローワーク)を出すことができなくなる
●社会保険に加入していないと一般社会通念上「ブラック企業」とみなされる
年金機構による財産の差し押さえが行われる可能性がある

社会保険料を節約しようと、社会保険に入らないままでいると上記のような大きなデメリットが生じるリスクがあります。

財産の差し押さえや損害賠償請求などの事態に陥ってしまうと、事業を続けて行くことさえ難しくなってしまう恐れがあるので、個人事業主であっても必ず社会保険には加入しましょう。

 

■個人事業主で社会保険に入らないことは大きなデメリットが

社会保険は私達が怪我や病気などで働けなくなってしまう事態に陥ってしまった時に、最低限の生活を維持することができる重要な社会保障制度になります。

特に個人事業主では、義務であると同時に、事業を開始する際に加入しておかなければ、大きなデメリットが生じてしまう可能性もあることがわかりました。

これらの社会保険制度をしっかり把握し、後々、トラブルにならないよう対策しておくことが個人事業主としてやるべきことと言えるでしょう。

自分では全く分からないという方は、そのまま放置するのではなく社労士や税理士さんに相談するのことをおすすめします。

 


■Web集客を無料ではじめるなら、くらしのマーケット

くらしのマーケットは、個人事業主・自営業者の方が無料で集客をはじめられるツールです。

月間500万人が訪問する集客サイト

ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など200種以上のカテゴリで集客が可能。
サイト訪問者数は月間500万人で、集客サイトとしては国内最大級の規模を誇ります。

初期費用・月額費用は無料

集客をはじめるのに料金は一切かかりません。
お客様からの予約が成立した場合のみ手数料が発生する「成功報酬型」です。
予約が入らなかったり、都合が合わず成約しなかった場合、手数料は発生しません。

初期費用 無料
月額費用 無料
予約手数料 サービス料金の20%
※サービス料金が10,000円未満の場合は一律2,000円
※「家事代行・家政婦」と「買い物代行」カテゴリの予約手数料は一律0円

充実のサポート体制だから、はじめてでも安心

Web集客の専門家が、売上アップをサポート。
最新の集客ノウハウを学べる各種講座も開催しています。
「スマートフォンが苦手で不安…」という方でも、安心してスタートできます。

1分で完了、かんたん申込

出店申込は、スマホやパソコンから1分で完了。今すぐお申し込みいただけます。
詳しい情報を知りたい方・資料ダウンロードをご希望の方は、下のボタンからご確認ください。