【確定申告のやり方・後編】自営業!年収と所得の違い・経費と控除・提出方法のまとめ

 

自営業の確定申告では、青色申告書または白色申告書のいずれかで、確定申告を行います。

その際に、必要になるのが「所得」、「経費」、「税金」や「控除」などの費用の計算です。

年収と所得の違い、代表的な経費と控除について、基本的なところから解説します。

 

目次

1) 自営業の確定申告のやり方|年収・収入・所得の違い、経費とは?
2) 自営業の確定申告のやり方|税金の種類とは?
3) 自営業の確定申告のやり方|確定申告の書類の作成・提出方法
4) 自営業は確定申告が必須!最新のやり方・帳簿管理も忘れずに!

 

1) 自営業の確定申告のやり方|年収・収入・所得の違い、経費とは?

1)-1 自営業の年収・収入・所得の違いとは?

確定申告をする際に必要なのは、経費を計算することです。

自営業の確定申告では、青色申告書または白色申告書のいずれかで、確定申告を行います。

その際に、まず必要になるのが「所得」と「経費」の計算です。

【年収・収入・所得の違い】

●年収・収入

かかった費用や人件費は考えずに、事業者の会社に入ったすべてのお金のこと。税金の計算の上では、「収入」と同じと考えるのが一般的です。

事業収入の他に、株による収入やパート収入がある場合は、ここに合算します。

●所得(=課税の対象になる)

事業収入から、経費などを引いたお金のことを所得といいます。この「所得」に対して、課税額が決まります。

それだけに、しっかり漏れなく、経費を計上することが大切です。

▼「【自営業の確定申告のやり方・前編】今さら聞けないAB・青色白色申告の違いとは?」
については、くらしのマーケット大学のオリジナルサイトでご覧いただけます。

【自営業の確定申告のやり方・前編】今さら聞けないAB・青色白色申告の違いとは?

 

【控除も忘れずに計上する】

ここには、控除も忘れずに計上することが大切です。

控除とは、「国民健康保険」や「国民年金」など支払った金額が、経費にはならないながらも、課税対象になる所得から引いてもらえるものです。

自営業の家族社員の給与に対する給与が「専従者控除」として控除の対象になる場合もあります。

また、青色申告をする方であれば、青色申告で認められている「青色申告特別控除」も、年収から引くことができます。

<自営業者の所得計算式>

年収(収入)ー経費や控除 = 所得(課税の対象)

▼「【確定申告に向けて①】自営業|支払っている保険料は経費にできる? 」
については、くらしのマーケット大学のオリジナルサイトでご覧いただけます。

【確定申告に向けて①】自営業|支払っている保険料は経費にできる?

 

1)-2 自営業が計上できる経費とは?

さまざまな事業から得られる収入に対して、かかった経費を差し引いた「所得」に対して、課税されるため、事業を行う際に必要な経費は、できるだけ差し引いた方が、「節税」になります。

どういったものが経費に含まれるのか、必ず事前に、確認しておきましょう。

【確定申告で計上できる経費の例(一部)】

●水道光熱費

事務所で使う電気代やガス代、水道代など

●通信費

インターネット代、業務用のスマホ代 など

●交通費

●接待交際費 など

▼「個人事業主の経費はいくらまで・どこまでOK?家事按分とは?②家事按分を分かりやすく解説」
など自営業の経費については、くらしのマーケット大学のオリジナルサイトでご覧いただけます。

個人事業主の経費はいくらまで・どこまでOK?家事按分とは?②家事按分を分かりやすく解説

<参考>国税庁/やさしい必要経費の知識

2) 自営業の確定申告のやり方|税金の種類とは?

自営業の人が確定申告を行って、国に納める必要がある税金は様々な種類があります。

2)-1 自営業が支払うべき税金

あまり税金に詳しくなくても、「所得税」や「健康保険税」などは聞いたことがある方も多いと思います。

この他にも自営業の納めなければならない税金は、様々な種類があるので注意が必要です。

以下にあげたものは、毎年自営業の人が納めなければならない税金の種類です。

【自営業に関わる代表的な税金の種類】

●所得税

●住民税

●国民健康保険税

●国民年金

●復興特別所得税

●個人事業税   など(2021年1月現在)

これらの税金は、

□確定申告で一年間の収入を計算して納税額が判明するもの

□確定申告後に税金の額が分かるもの

などあり、すべて一括に差し引かれるものではありません。

3) 自営業の確定申告のやり方|確定申告の書類の作成・提出方法

確定申告を作成する際には、直接、紙に手書きをする以外にも、国税庁のホームページで作成することができます。

国税庁のホームページの「確定申告特集ページ」にある「確定申告作成」ページを活用すれば、パソコン上で入力していくだけで、確定申告書が完成します。

【確定申告書の提出方法は3つある】

パソコンからの提出も想像以上に簡単で、国税庁のホームページでも、解説動画なども公開しています。

以下の方法の特徴を知り、持参以外の提出方法についても、積極的に検討してみましょう。

●税務署の窓口に持参する

通常の税務署とは異なる会場を設けている場合も多いです。

また、コロナ禍では、「入場券」が必須となりました。LINEから予約、または当日会場で配布されます。

会場の場所など含め、持参する前に、自分の管轄の税務署に確認しましょう。

●郵送で提出する

確定申告書は、郵送でも提出が可能です。

確定申告の用紙は、以下からダウンロードすることができます。

▼国税庁の確定申告書に関するページ

国税庁 確定申告書等作成コーナー https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

●インターケットe-Tax・スマホ経由

国税庁のホームページからインターネットで提出することができます。

下書き機能があるので、毎日コツコツ入力しながら作成でき、インターネット上で提出まで完了するのが特徴です。

また、スマホから行うこともできるようになっています。

▼「【2021年の確定申告はいつからいつまで?】自営業・副業サラリーマン必見の最新・提出法」
については、くらしのマーケット大学のオリジナルサイトでご覧いただけます。

【2021年の確定申告はいつからいつまで?】自営業・副業サラリーマン必見の最新・提出法

 

 

4) 自営業は確定申告が必須!最新のやり方・帳簿管理も忘れずに!

自営業の方にとって必須の確定申告も、今やパソコンから簡単に申告できるなど変化し、最新のやり方で申請する人が増えています。

その際、注意が必要なのは、自営業の方が行う確定申告では、確定申告書の作成と並行して、帳簿の記入と管理については、引き続き求めらているという点です。

帳簿や領収書は5年、消費税関連では7年を目安に保存することが必須です。

これは、後になって税務調査が入る可能性が誰にでもあるということを示唆しています。

確定申告は、最新のやり方になったとしても、日々の帳簿の作成や領収書の管理については、これまで通り忘れずに行っていきましょう。

■Web集客を無料ではじめるなら、くらしのマーケット

くらしのマーケットは、個人事業主・自営業者の方が無料で集客をはじめられるツールです。

月間500万人が訪問する集客サイト

ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など200種以上のカテゴリで集客が可能。
サイト訪問者数は月間500万人で、集客サイトとしては国内最大級の規模を誇ります。

初期費用・月額費用は無料

集客をはじめるのに料金は一切かかりません。
お客様からの予約が成立した場合のみ手数料が発生する「成功報酬型」です。
予約が入らなかったり、都合が合わず成約しなかった場合、手数料は発生しません。

初期費用 無料
月額費用 無料
予約手数料 サービス料金の20%
※サービス料金が10,000円未満の場合は一律2,000円
※「家事代行・家政婦」と「買い物代行」カテゴリの予約手数料は一律0円

充実のサポート体制だから、はじめてでも安心

Web集客の専門家が、売上アップをサポート。
最新の集客ノウハウを学べる各種講座も開催しています。
「スマートフォンが苦手で不安…」という方でも、安心してスタートできます。

1分で完了、かんたん申込

出店申込は、スマホやパソコンから1分で完了。今すぐお申し込みいただけます。
詳しい情報を知りたい方・資料ダウンロードをご希望の方は、下のボタンからご確認ください。