下請け企業を辞めたい!成功のための自己分析と有効な3つの対策

目次

1) 下請け企業を辞めたい!成功のための自己分析
 1)-1 やりがいがない
 1)-2 元請け企業に合わせて働かなくてはいけない
 1)-3 スキルアップが望めない
2) 下請けの仕事を辞めたい!成功のための3つの有効な対策
 2)-1 資格の取得
 2)-2 転職する
 2)-3 自分で個人事業主として起業し独立する
3) 下請け会社を辞めたいなら計画的に動き出そう!

1) 下請け企業を辞めたい!成功のための自己分析

下請け企業の厳しい現状から下請け企業を辞めたいと思い悩む人は少なくありません。

そういった時はただ感情的に辞めるのではなく、冷静に自己分析を行い自分を知ることこそが成功への第一歩となります。

まずは下請け企業に勤める人に多くある悩みを知り、自分が下請けを辞めたいと思った原因を分析してみましょう。

1)-1 やりがいがない

下請け企業は元請け企業から指示された仕事だけをするため、やりがいを感じにくい傾向にあります。

またどれほど仕事を頑張っても自社としての世間的な評価を受けにくいという点も、やりがいを感じられずに「下請けを辞めたい」と感じる原因になります。

<実例>

・元請け企業から機械の部品製造を請け負っている下請け企業のA社。 その部品が何に使われてどの企業に納品されるかについて教えない契約内容だった。後の噂で、自社の最新技術が元請け企業の技術であるかのように宣伝され高く評価されていたことを知らされる。

・商品のほとんどの部品を製造しているB社。大人気商品となったが、製造会社として評価されるのは元請け企業であり、下請け企業の名前が世間に知ってもらえることは一切なかった。

1)-2 元請け企業に合わせて働かなくてはいけない

元請け企業の発注に合わせて仕事をしなくてはいけない点も、下請け企業で働く上で大きな負担となり「辞めたい」と思う原因になります。

単価や納期はもちろんのこと、業種によっては作業スケジュールや製造方法、購入ルートなどのさまざまな要素が元請け企業の指示に左右されることがあります。

自社や自身の考え・都合に関係なく、元請け企業の指示に合わせて働かなくてはならず、厳しい上下関係を強いられる場面も多々出てきます。

このような理不尽とも思える厳しい現状こそ下請け企業を辞めたいと思う原因になります。

1)-3 スキルアップが望めない

下請けのままだとスキルアップがあまり望めないことも、下請けを辞めたくなる原因の1つといえるでしょう。

一般に下請けの仕事は単調な仕事やルーティンワークが多いとされています。

そのため、長く続けいても一定以上のスキルを身つけられない傾向があり、より高いレベルの仕事を求めた時、辞めたいと考えるようになるのです。

2) 下請けの仕事を辞めたい!成功のための3つの有効な対策

下請け企業を辞めて、より自分らしい仕事につきたいと思った時、どう対応すれば良いのでしょうか。ここからは、3つの有効な対策を解説します。

2)-1 資格の取得

まず挙げるのが、資格の取得です。

資格を取得することで、個人としては今まで任せてもらえなかった仕事を任されるようになったり、会社としてはその資格が「売り」になり新たな仕事を受注できる可能性が出てきます。

場合によっては下請けという立場から脱却し、自社で製品やサービスを売り出すきっかになるかもしれません。

自分個人で取り組むもの良いですが、上司や社長と共に会社の将来を見据えた有望な資格を探し、会社として取り組むのがもっとも有効です。

2)-2 転職する

今の会社に改善が望めないと決心がついたら、転職して自分が望む環境へ進むことが下請け企業から脱出するための有効な手段です。

転職活動は今の会社を完全に辞めてから行うよりも、会社に勤めながら進めていく方が有利といわれています。

今すぐ感情的に辞めてしまうのではなく、以下のような自分のセールスポイントを精査してしたたかに準備を進めましょう。

<転職する時のセールスポイント>

□ 下請け企業でやってきた仕事内容

□ 自分が持っている技術やスキル

□ 資格

□ きつい下請けの仕事で養った強いメンタル面 など

2)-3 自分で個人事業主として起業し独立する

思い切って個人事業主として起業して独立するのも、下請け企業から抜け出す有効な選択肢です。

一から仕事を始める時はやはりまずは下請けの仕事から…と考えがちですが、それだけでは今までの下請け企業の状況と同じです。

そこで検討すべきおすすめの対策がくらしのマーケットへの出店です。

くらしのマーケットとは、ハウスクリーニングやエアコン取り付け、引越し、造園業、不用品回収など200を超えるカテゴリ(=分野)の中で「サービスを提供できる事業者」と「サービスを求めるお客様」とをつなぎ合わるサイト

自社のサービスページ(=自社専用のページ)を見て気に入ってくれたお客様が、自社に直接申し込みをしてくれるので、下請けではなく自社としての集客が可能です。

開業当初からくらしのマーケットへ出店すれば下請けの仕事だけに依存することがない独立した形での仕事が実現します。

【比較】個人事業主と会社員の大きな違いとは?

●くらしのマーケットとは?

現在、5万店舗もの事業者が出店している「くらしのマーケット」は、初期費用、月額費用、宣伝広告費用など、一切、無料。

くらしのマーケットへの支払いはお客様との予約が確定した時の「予約手数料」20%だけという完全成功報酬スタイルを採用しています。

誠意ある仕事ぶりでお客様から高評価をいただいたり、自社で作るサービスページを工夫するなど、くらしのマーケットという場を借りて、自社で努力し続けた事業者は年商数千万円を達成しています。

くらしのマーケットへの出店は儲かるのか?年商は?

▼くらしのマーケットの出店について
くらしのマーケットで集客をはじめよう

3) 下請け会社を辞めたいなら計画的に動き出そう!

「やりがいを見いだせない」「元請けの言いなりになるのはもう嫌だ」「スキルアップしたい」といった内なる声は自身の本当の気持ちです。

下請けを辞めるという決意をしたのなら、ただ感情的に辞めるのではなく自分の将来を見据えしっかりと計画してから動き出しましょう。

そうした先にはきっと成功が見えてくるはずです。

 

■Web集客を無料ではじめるなら、くらしのマーケット

くらしのマーケットは、個人事業主・自営業者の方が無料で集客をはじめられるツールです。

月間500万人が訪問する集客サイト

ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など200種以上のカテゴリで集客が可能。
サイト訪問者数は月間500万人で、集客サイトとしては国内最大級の規模を誇ります。

初期費用・月額費用は無料

集客をはじめるのに料金は一切かかりません。
お客様からの予約が成立した場合のみ手数料が発生する「成功報酬型」です。
予約が入らなかったり、都合が合わず成約しなかった場合、手数料は発生しません。

初期費用 無料
月額費用 無料
予約手数料 サービス料金の20%
※サービス料金が10,000円未満の場合は一律2,000円
※「家事代行・家政婦」と「買い物代行」カテゴリの予約手数料は一律0円

充実のサポート体制だから、はじめてでも安心

Web集客の専門家が、売上アップをサポート。
最新の集客ノウハウを学べる各種講座も開催しています。
「スマートフォンが苦手で不安…」という方でも、安心してスタートできます。

1分で完了、かんたん申込

出店申込は、スマホやパソコンから1分で完了。今すぐお申し込みいただけます。
詳しい情報を知りたい方・資料ダウンロードをご希望の方は、下のボタンからご確認ください。