ハウスクリーニング業の集客方法 |業界の特徴と集客対策


「下請けから脱却したいけど、どうすればいいかわからない…」
「フランチャイズに加盟したけど、売上が伸びない…」
「パソコンもスマホも苦手で、ネット集客には手を出せない…」

ハウスクリーニング業を個人経営していると、避けて通れないのが集客の問題。

実のところ、ハウスクリーニング業界は、参入障壁が低い一方で安定して収益を得るのが難しいともいわれています。

そんなハウスクリーニング業で、どのように集客していけばいいのか、やり方をまとめました。

 

■ハウスクリーニング集客の特徴

まずは、ハウスクリーニング業の業界構造を知っておきましょう。

業界構造

ハウスクリーニング業は、主に一般家庭や不動産物件の清掃をする仕事です。

一昔前はマンションやアパートの空き室クリーニングがほとんどでしたが、共働き世帯の増加や高齢化に伴って、近年では一般家庭向けの「在宅クリーニング」が主流となっています。

主な事業展開の方法としては、「フランチャイズ契約する事業者」と、「独立して営業する事業者」の2つに大きく分けることができます。

運営にかかるコストは人件費のウエイトが高く、クリーニングのための機材や洗剤などの比率は少ないといわれています。人件費抑制のため、パートやアルバイトを雇う事業者が多いことも特徴です。

繁忙期と閑散期

ハウスクリーニング業には繁忙期と閑散期があります。

繁忙期は、6月から8月頃のエアコン掃除が盛況を迎える頃と、年末の大掃除の時期(12月中旬から下旬)です。3月の引っ越しシーズンに空室クリーニングの需要が伸びることもおさえておきましょう。

ハウスクリーニングの仕事の閑散期や繁忙期は?

 

開業するメリット

ハウスクリーニング業で開業するメリットは、「初期投資が少なくても開業できること」「需要が増加していること」の2つがあげられます。

ハウスクリーニング業は洗剤や掃除道具などを一式用意すれば開業できるため、参入障壁が低い業界だといえます。開業時に特別な資格や高度な専門技術も必要ありません。

また需要も増加傾向にあります。

子育てが忙しい共働き家庭や高齢者世帯、単身者世帯の増加によって、家事や清掃の時間を捻出できずハウスクリーニング業者に依頼する人が増えているのです。

開業にあたっての課題

参入障壁が低い一方で、すべての事業者が成功しているわけではありません。

フランチャイズに加盟すると集客のノウハウを教えてもらえるから大丈夫、という事業者の方もいらっしゃいます。たしかに加盟すると様々なサポートが受けられますが、フランチャイズの親企業は大量の加盟店を抱えているため、事業者ごとにぴったりの集客方法を教えることが難しくなっているのです。

手に職をつけたくてハウスクリーニングで開業したものの、計画が不十分で撤退を余儀なくされた、という事業者も少なくありません。

 

■フランチャイズで集客するメリット・デメリット

独立するとき、誰もが「フランチャイズに加盟するかどうか」で悩むのではないかと思います。

フランチャイズに加盟するメリットは、親企業の知名度を活用できることでしょう。

開業したばかりであったとしても、親企業のブランド力があればお客様の信頼を得られます。またフランチャイズ本部のノウハウ・技術・商品を活用することもできます。

一方のデメリットは、加盟による恩恵を特に感じられなかったとしてもロイヤリティ(フランチャイズの使用料として売上の一部を親企業に支払うこと)が発生することや、フランチャイズ独自のルールや決まりごとが多く、事業者側の意見が通りにくい傾向があることなどがあげられます。

フランチャイズの仕組みやメリット・デメリットを詳しく知りたい方は、関連記事を読んでみてください。

フランチャイズとは?今さら聞けない仕組みやメリットを解説!

 

■集客がうまくいかない理由

筆者はこれまでに数百人に及ぶハウスクリーニング事業者の方とお話する機会がありました。事業者の方のお話を伺っていると、売上をきちんとあげていく方の傾向が次第にわかってきました。

それは「自らのサービスに向き合い地道に発信を続けている」ということです。

当たり前のことではないか、とお思いになるかもしれません。

しかし陥りやすいのが「技術力を高めプロとしてレベルアップすれば、売上も上がるはずだ」という考え方になってしまうこと。

つまり「技術力さえあれば、その良さを分かってくれるお客様が現れるに違いない」と考える方が非常に多いのです。いわば「技術力」を過信している状態です。

技術力ももちろん大切です。しかし、自らのサービスの良さを発信しない限り、お客様はサービスの存在にすら気づくことができないのです。

自分のサービスに向き合い、他の事業者との違いを見つけ、それを自らの強みとして発信する。この「積極性」が何よりも重要なのです。

 

■ハウスクリーニングの集客方法

それでは、具体的にどう発信すればよいのでしょうか。

ここでは集客方法をいくつかご紹介します。

チラシ・ポスティングを行う

インターネットが普及した一方で、スマホなどを十分使いこなせず、チラシなどの紙媒体を「情報源」として活用している層もいます。

チラシ・ポスティングならそのような層にも情報を届けることが可能です。

詳しいメリット・デメリットについては関連記事を参考にしてみてください。

チラシ・ポスティング集客のメリットとデメリットを教えて!

 

Webサイトを作成する

いまや誰もがスマホで情報を入手する時代。インターネットを利用しない手はありません。

関連記事では、代表的なオンライン集客ツールを4つご紹介しています。

【ざっくり紹介】ネット集客で使える!オンラインツールまとめ

 

口コミを活用する

事業者からの情報発信に加えて、第三者つまりお客様からの口コミがあると、お店の信頼性はぐっと上がります。

口コミをどのように集めればよいのか?詳しくは関連記事をお読みください。

口コミの効果と集め方

 

■資格を取得してスキルをアピールしよう

ハウスクリーニング業に関連する資格を取得して、自らのスキルアップに磨きをかけるという選択も。資格取得したこと自体が集客上のアピールポイントにもなるため、一石二鳥なのです。

おすすめの資格は「ハウスクリーニング技能検定」。合格すると「ハウスクリーニング技能士」の称号が与えられます。この資格は、ハウスクリーニング業界では唯一の「国家資格」でもあります。

資格を持っていることで、お客様はもちろん、同僚や会社からの評価も得やすくなるのです。

ハウスクリーニングの資格といえば?ハウスクリーニング技能士検定でスキルアップを目指そう!

 

■ハウスクリーニングの新しい集客スタイルとは?

フランチャイズに加盟するにせよ、Webサイトを作成するにせよ、大半の場合初期費用が発生します。

Webサイトを作成し検索上位に持ってこようとすれば、数十万円〜数百万円かかる事例もあります。

そのコストに見合うだけの収益が約束されていれば別ですが、そう簡単な話ではありませんよね。

そんなときに便利なのが、初期費用が一切かからず、お客様からのお仕事依頼が発生したときにだけ料金が発生する「成功報酬型」のシステムです。

集客サイト「くらしのマーケット」は、成功報酬型のしくみを採用しており、初期費用や月額費用を心配する必要がありません。

ネット集客のプロが大規模な広告を出し、仕事で忙しいあなたの代わりに集客します。テレビCMの放映も始まり、認知度も高まっています。

「実際どうなの?」と気になった方は、くらしのマーケットに出店登録した方たちのインタビューをぜひ覗いてみてください。

ローリスクハイリターンで、こんなに良い仕組みないんじゃないかって思います

半信半疑で始めたのに、休む暇もないくらいです

口コミをいただけるのが本当にありがたい──ホームページ集客との違いは「口コミ」にあり?

 

Web集客を無料ではじめるなら、くらしのマーケット

くらしのマーケットは、個人事業主・自営業者の方が無料で集客をはじめられるツールです。

月間500万人が訪問する集客サイト

ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など200種以上のカテゴリで集客が可能。
サイト訪問者数は月間500万人で、集客サイトとしては国内最大級の規模を誇ります。

初期費用・月額費用は無料

集客をはじめるのに料金は一切かかりません。
お客様からの予約が成立した場合のみ手数料が発生する「成功報酬型」です。
予約が入らなかったり、都合が合わず成約しなかった場合、手数料は発生しません。

初期費用 無料
月額費用 無料
予約手数料 サービス料金の20%
※サービス料金が10,000円未満の場合は一律2,000円
※「家事代行・家政婦」と「買い物代行」カテゴリの予約手数料は一律0円

充実のサポート体制だから、はじめてでも安心

Web集客の専門家が、売上アップをサポート。
最新の集客ノウハウを学べる各種講座も開催しています。
「スマートフォンが苦手で不安…」という方でも、安心してスタートできます。

1分で完了、かんたん申込

出店申込は、スマホやパソコンから1分で完了。今すぐお申し込みいただけます。
詳しい情報を知りたい方・資料ダウンロードをご希望の方は、下のボタンからご確認ください。